りんごのある生活

MacやiPhone, iPadのアプリのオススメや、私がチェックしたネタなどを紹介しています。

とんねるずの「スポーツ王は俺だ」に学ぶエンターテイメント術

とんねるずとダウンタウンはエンターテイメントの神様だと思う。

2つのコンビのエンターテイメントは種類が違うけど、人を楽しませることがほんとうにうまい。
演じている人たちがなにより楽しそうだ。だから観ている側も楽しくなる。

100%遊びではないすごさ

だからって完全に遊んでいるわけではない。出演するスポーツ選手が時には本気を見せる。
まぁだからってガチのプロ対決の本気ではない。

それでもやっぱり一般人には次元の違う力が垣間見える。一般人として参加するとんねるずがいるからこそ、そこの力の差がわかりやすく見える。

印象に残すということ

スポーツ王は俺だ、のすごいところは、見ている人が詳しくないスポーツであっても興味がでて観てしまうところ。
スポーツ王は俺だ、が終わっても、そこで出演していた選手がどんな技や実績で有名になったのか、気づいたら印象に残っている。

そのために行っていることが参考になったので詳細メモ。

覚えてもらうということ

その業界で有名な技を降り交えつつお笑い要素もまぜてくる。
石橋やノリタケがものまねをしつつ技名を叫ぶ。これってどのエンターテイメントにも通じる「ワザ」。

もちろんテレビを観ている人には解説者によるちゃんとした情報と、テロップやVによるちょい出し情報が入る。

しつこいぐらい繰り返すこと

Replayが半端ないのもとんねるずの番組の特徴。

同じアングルのロングバージョン、ショートバージョン、別アングルからのを3カット以上。
もうわかったから!っていうぐらい、3分ぐらい1つのリプレイでやってるんじゃないかってぐらいリプレイする。

安心して笑えるポイントや驚愕ポイントを与えることで、番組をみたあと感想が持ちやすくなる。



もっと感じていることがあるはずなんだけど、眠くて分析できなかったのでここまで。

ダウンタウンのガキ使「笑ってはいけない」は、12月31日 18時半〜24時半。
とんねるずの「スポーツ王は俺だ」は、1月2日 18時半〜22時半。