りんごのある生活

MacやiPhone, iPadのアプリのオススメや、私がチェックしたネタなどを紹介しています。

私の考える「頭のいいひと」を私なりに。

いつものようにネット巡回していると、下記記事をみつけた。

こんな人と一緒に仕事したい!私が考える「頭のいい人」5つの特徴
ふむむ。。。私の考える「頭のひいひと」とはなんか違うので、ちょっと考えてみるか。

ということで、考えてみた。

1. 着眼点がいつも1点からではない

私が持つ価値観で私は物事を測ったり分析したりしがちです。
なので、自分と同じようなものの見方をしない人であり、かつその人の着眼点がつねに多面的であると「あぁこの人の考え方を吸収したいな。尊敬するな」と思う。

2. 自分の考えがどのような根拠や立場に基づいているか話せる人

・何か人に協力を求めるような提案をするとき
・他人の案を不採用にするとき
こんな状況の時に、相手の意見に対してどこが同意できるか、でも、どういう理由で同意できないのか、そして結果こちらにしてほしい、という流れで話ができる人と仕事がしたい。

ただ「こっちの方がいいと思うから」ということだけで「これでいきましょう」とか言われても、自分の中で未消化な部分があったとき、相手にそれをぶつける。
それでも「いや、どー考えてもこっちっしょ」みたいな理由もないことを言われると協力的になりずらい。

ってことで、そういう時に「これはこういうことを考えると◯◯ですよね」といえる人がスゴイと思う。

3. 常に笑っていられる人、笑顔の雰囲気作りがうまい人

私はため息やネガティブなつぶやきをしがち。
人は一緒にいる人に気分が感染されやすいと考えているからこそ気をつけたいと思っているのだけど。。。

なので、辛い状況の場面でも楽しみをみつけたり、テンションを自ら上げて取り組める人を尊敬する。
それでもネガティブな状況はあるのが現実。
そんなとき、その人の一つの発言で全体の雰囲気を変えられる人がスゴイと思う。

4. 長く語らない人

ここまで読んでる人ならお気づきだろう。
私は言葉をまとめるのが苦手。
書き始めると、普段言葉でも離さないぐらい次の「。」までが長い。

ぶっちゃけ個人的主観で言うと、文章で「。」までが長い人は、喋りでも目的と結果を伝えるのが下手だと思う。
私は「ごまかす」のだけうまくなってしまったタイプなので、しゃべることに抵抗はないが、あとから喋りを見返すと後悔することばかりだったりする。

一言で相手に言いたいことが伝えられる、伝わる話術を持つ人はすごい。

5. 継続できる人

なんでもいい。なにかを継続できる人は「目標」や「ゴール」などの持ち方がウマイのだと思う。
私はなかなか継続できない人だ。

何かを始めようとしたときに継続できる人は、継続するためになにかを削ったり、継続した先が見えている人なのではないかと考えている。
何かを継続できる人は、調整能力やビジョンが優れていると。




#だらだら書くようなブログにするつもりはないけど、たまにはね。

広告を非表示にする